〜心の調和とバランスを取る〜

自分の中で説明できない言葉、もしくは、自分の中で納得してない言葉をよく使ってると、かなり混乱しやすいし、かなり悩みやすい

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
李春明です。 対話をベースにしながら、本人が言語化できない柔らかい感情に優しく温かくアプローチして、クライアントと共に涙しながら成熟を促すコーチをやっています。
詳しいプロフィールはこちら

ちなみにこのタイトルは、

 

7割くらい誰かが言ってた言葉のパクリ

 

です。笑

 

 

でもね。

 

 

実際そうなんだよ。

 

 

例えば、

この人の言ってる事って何か軽い…と言うか、

会話が上滑りしてる…みたいな人っているじゃない?

 

借り物の衣装ならぬ、借り物の言葉を使ってる感的なさ。

 

そんな人って結局、

 

自分の言葉じゃない言葉を使ってる。笑

 

 

自分の言葉じゃない言葉ーー

つまり、

 

自分の中で説明できない(定義できない)か、

もしくは、

自分の中で納得してない(腑に落ちてない)まま

その言葉を使ってる

 

だよね。

 

 

だから、その人自身が混乱しながら話しているのに

 

「何で伝わらないんだろ…?」って、更に混乱する

 

でしょ?笑

 

 

いやいや。笑

 

そもそも

 

自分の言葉じゃないんだから混乱するの当たり前

 

だし。笑

 

 

もちろん、誰かの言葉を使い続けることによって、

馴染んでいって自分の言葉になるから、

決して「定義できない言葉を一切使うな」ってお話ではないです。

 

なんだけど。

 

それでもやっぱり辞めた方がいい。

辞めれなくても圧倒的に減らした方がいい。

 

 

 

なぜかと言うと、

前の記事で書いてる様に、

 

 

他者に掛ける言葉と自分に掛ける言葉は基本的に同じ

 

だから。

 

 

 

他者に対して、

自分の中で説明できない(定義できない)か、

もしくは、

自分の中で納得してない(腑に落ちてない)言葉を掛けてる人は、

ぜーったいに自分に対してもそう言う言葉を掛けてるから。

 

 

例えば。

 

 

「成功したい」

ってよく言うけどね。

 

あなたにとっての「成功」って何?が定義できないまま

やみくもに成功したいって思い続けても、

結局分からんくて混乱して悩むでしょ?

 

(※決して成功とは何か的な事を論じたいわけではないので、

そこに敏感にならないでねw)

 

「幸せになりたい」

って言葉もよく聞くけど、これも同じで。

 

「幸せ」を自分で定義できないと、永遠に幸せにはなれない。

 

だから、当たり前悩む。

 

 

(※「幸せはなるものではなくあるものだ」とかって感じで、

決して幸せとは何か的な事を論じたいわけではないので、

そこに敏感にならないでねw)

 

 

他にもいっぱいあるけどカット。笑

 

 

ほら。

 

でも、やっぱり、

 

 

自分の中で説明できない言葉、

もしくは、

自分の中で納得してない言葉をよく使ってると、

かなり混乱しやすいし、

かなり悩みやすい

 

 

でしょ?笑

 

 

じゃあ、どうすればいいかって話だけどね。

 

僕にも分からん。笑

 

って、言ってしまうと元も子もないので笑、

僕が今思うには。

 

 

自分の中でこの言葉はこうであるって

 

一つ一つ丁寧に定義していく

 

事が何よりも大事だと思うんだ。

 

そして、定義付けで大事なポイントは、

辞書やウィキペディアで定義されている様な

 

正しさを前提にしなくていい

 

 

って事。

 

 

 

たとえば、僕の中では、オーサカと大阪を使い分けてる。

 

オーサカ=関西、大阪=大阪府と言う感じでね。

 

もちろん文字にすれば分かってもしゃべってる言葉だとわからないけど。笑

辞書とか日本語的な正しさとかを前提にされたら、全くもっておかしいけど。笑

 

でもでも。

 

僕の中で整理できてるからそれでいい。笑

 

 

 

大事なのは、自分の中でちゃんと定義されてるか。

 

言い換えるなら、混乱を増やしてないかどうかだから。

 

 

 

余談だけど、サラリーマンやってる頃は部下に、

 

「ありがとうございます」と「有難う御座います」の

どっちが自分にとってしっくりくるかを感じて使いなさい

 

って口を酸っぱくして言ってました。

(全然やってくれなかったけどさw)

 

だって、ひらがなか漢字かでニュアンスが全然違うからね。

 

僕は漢字だとしっくりこないから絶対にひらがな。

 

感謝の気持ちを伝えたいのに、

自分にとってしっくりきてない言葉だと

せっかくの想いが伝わらないからね。

 

 

自分の言葉(想い)が他者にも自分にも伝わらないって、

実際めっちゃ寂しい

 

 

でしょ。

 

 

 

話逸れたけど。笑

結局ね。

 

 

難しい言葉を知ってたり使える事が、

賢い訳でもないしカッコいい訳でもない。

 

 

・簡単な言葉でいいから、自分の中できちんと定義できる言葉を使う。

 

 

・その定義は正しさを求める必要はない。

 

 

・自分が使ってる言葉を一つ一つ丁寧に定義していく。

 

 

これだけで混乱も悩みもかなり減る

からね。

 

 

最後の余談だけど、

僕は、

 

「〜しなければならい」とか「〜するべき」って和訳される

 

・must

・have to

 

も、自分の中で意識的に定義を分けて使ってます。

(この件はまたいつか書きます。)

 

 

是非一度自分の言葉に注意を向けてみてね。

 

 


 

 

※LINE@やってます。
ぜひつながってくださいね!

ID:@haru_442

友だち追加

この記事を書いている人 - WRITER -
李春明です。 対話をベースにしながら、本人が言語化できない柔らかい感情に優しく温かくアプローチして、クライアントと共に涙しながら成熟を促すコーチをやっています。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 442Hz , 2017 All Rights Reserved.